News

予定

  • 2019.09.14-2019.09.16 日本数理生物学会 でアーティスト(石橋友也さん、村山誠さん)と研究者(山道真人さん、畠山哲央さん)をお招きし、 シンポジウム“数理生物学の生命観”を開催します.

2019

2018

Publications

  1. K. Horibe, K. Hironaka, K. Matsushita, and K. Fujimoto, "Curved surface geometry-induced topological change of an excitable planar wave",
    arXiv 1905.02927 (2019)
  2. K. Matsushita, K. Horibe, N. Kamamoto, and K. Fujimoto, “Cell migration driven byreceptor density polarity of cell-matrix adhesion”,
    Proceedings of the Symposium on Simulation ofTraffic Flow, vol. 24, pp. 5–8 (2018)

Presentations

国内会議 (招待講演)

  1. 堀部和也,廣中謙一,松下勝義,藤本仰一, "曲面上の生命現象を理解する:曲面による進行パルス波の分裂",
    第8回定量生物学の会,愛知,2017年1月

国内会議 (口頭発表)

  1. 堀部和也,廣中謙一,松下勝義,藤本仰一, "生物表面上での進行波による新奇な信号伝搬の様式:大脳皮質を題材として",
    京都大学数理解析研究所研究集会「第15回生物数学の理論とその応用」,京都,2018年9月
  2. 堀部和也,廣中謙一,松下勝義,藤本仰一, "生物の表面形状の機能を理解する:曲面による進行波の分裂",
    第83回形の科学シンポジウム「伝統の形と形の科学」,石川,2017年6月
  3. 堀部和也,廣中謙一,松下勝義,藤本仰一, "曲面による進行パルス波の分裂",
    日本物理学会大72回大会 ,19pB13-2,大阪,2017年3月
  4. 堀部和也,廣中謙一,松下勝義,藤本仰一, "曲面によって引き起こされる進行波の分裂",
    京都大学数理解析研究所研究集会「第13回生物数学の理論とその応用」 ,京都,2016年11月
  5. 堀部和也,北尾太嗣,古川正紘,安藤英由樹,前田太郎, "身体所有感領域の内外における物体の運動イメージの変容の検証",
    日本バーチャルリアリティ学会第21回大会 ,13B-04,茨城,2016年9月

Internatioal Conference (Poster)

  1. Kazuya Horibe,Ken-ichi Hironaka,Katsuyoshi Matsushita,Koichi Fujimoto, "Curvature-driven splitting of a planar travelling wave",
    Patterns and Waves 2016 ,P-28, Hokkaido. Japan. Aug. 2016

国内会議 (ポスター)

     
  1. 堀部和也, "グラフオートマトン再考〜生物発生・生物進化,人工生命のモデルへ向けて〜",
    定量生物学の会第9回年会 ,P94,京都,2018年12月
  2. 堀部和也,廣中謙一,松下勝義,藤本仰一, "曲面の幾何による進行スポットのカオス散乱",
    基研研究会・iTHEMS研究会 2018 非平衡系の物理学-階層性と普遍性- ,P23,京都,2018年12月
  3. Kazuya Horibe,Ken-ichi Hironaka,Katsuyoshi Matsushita,Koichi Fujimoto, "Restriction of cerebral cortical surface size by geometry-induced splitting of traveling wave front",
    日本神経回路学会第28回大会 JNNS2018 ,P2-14, Okinawa. Japan. Oct. 2018
  4. 堀部和也,廣中謙一,松下勝義,藤本仰一, "Functions of living matter surfaces:Curvature-driven splitting of a traveling wave",
     研究会「理論と実験」,広島,2017年10月
  5. 堀部和也,廣中謙一,松下勝義,藤本仰一, "Functions of living matter surfaces:Curvature-driven splitting of a traveling wave",
      日本生物物理学会第55回大会,熊本,2017年9月
  6. 堀部和也,廣中謙一,松下勝義,藤本仰一, "曲面上の生命現象を理解する:曲面による進行パルス波の分裂",
    第8回定量生物学の会,愛知,2017年1月
  7. 堀部和也,廣中謙一,松下勝義,藤本仰一,   "曲面によって引き起こされる進行波の分裂",
    日本生物物理学会第54回大会,3Pos285,茨城,2016年11月
  8. 堀部和也,廣中謙一,松下勝義,藤本仰一, "Curvature-driven splitting of a planar travelling wave”,
    日本数理生物学会第26回大会,P-46,福岡,2016年9月
  9. 永田智大,米田涼平,堀部和也,石原加奈子,小手石泰康,平大輔,野尻正樹, "銅含有亜硝酸還元酵素と電子供与体間の酸化還元平衡と電子移動反応",
    日本生化学学会第87回大会,2P-193,2014年10月

公開セミナー

  1. "Surface geometry-induced splitting of traveling wave" 数理科学セミナー,北海道大学,2018年11月21日
  2. "How surface geometry controls neuronal signal propagation on cerebral cortex"
    Tani Lab. セミナー,OIST,2018年10月15日
  3. "チューリングの夢:生物の形づくりの数理"
    学生力学系の会,京都大学,2018年10月13日
  4. "グラフオートマトンの上手な育て方はあるか?"
    第36回 全脳アーキテクチャ若手の会 カジュアルトーク 知能に関してカジュアルにトーク,Φカフェ,2018年6月27日
  5. "ニューラルネットワークとヘブ学習則のみを用いた脳機能のモデル化:連想記憶を例に考える"
    全脳アーキテクチャ若手の会 関西異分野交流会,Panasonic Wonder Lab,2017年10月28日
  6. "情報と形の相互作用による自己駆動システムとしての生命"
    Iwasaki Lab. セミナー,早稲田大学,2017年4月5日.

Arts

Tachihokoru
5 people gathered in Art Hack Day 2018 in Japan.They exhibited in National Museum of Emerging Science and Innovation.

Work Experiences

  • November 1, 2017 - March 10, 2018
    noizarchitects, Tokyo, Japan, Topic: Urban planning theory

  • March 15, 2017 - April 8, 2017
    noizarchitects, Tokyo, Japan, Topic: Automatic drawing, Computational design

Teaching

  • April 9, 2019 - Present
    情報科学基礎, TA, Osaka Uni.
  • April 9, 2019 - Present
    現代生命科学の基礎, TA, Osaka Uni.
  • December 13, 2018 - December 14, 2018
    生物学実験, TA, Osaka Uni.
  • April 9, 2018 - Augusut 8, 2018
    現代生命科学の基礎, TA, Osaka Uni.
  • September 25, 2017 - September 30, 2017
    Marine Biology Field Work (Shirahama), Chemistry - Biology Combined Major Program, TA, Osaka Uni.

Awards

Award & Grant

Award

Science
  • April, 2014
    Best Performance Prize
    Best performance in Honors Seminar for presentation of “Determination of lifespan by neural activity”

  • November, 2013
    Best Performance Prize
    Best performance in Honors Seminar for presentation of “Structure and function of copper-containing proteins derived from highly thermophilic bacteria”

Art

Grant

Recent Posts

最近ホコリと向き合っていたので.ホコリの動きの数値計算をやってみた.今回は特にswarm oscillator modelを扱った.

CONTINUE READING

Contact & Patron